トピックス
平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

お知らせ
2018年08月06日

平成30年7月豪雨被災地に対する支援活動について(8月4日研修会)

2018年07月30日

平成30年7月豪雨被災地に対する支援活動について

2018年07月30日

葛飾区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結

2018年07月13日

4回目の大阪北部地震派遣・平成30年7月豪雨被災地派遣のお知らせ

2018年07月02日

第3回目の大阪北部地震被災地派遣について

RSS購読

2つのシンポジウム参加について

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士

佐藤先生は先週の土曜日に行われた、立教大学の公開シンポジウム『東日本大震災からの地域復興:長期的観点による被災の実像と法的支援に向けて』に参加なさいました。
基調講演は津久井進弁護士(右)が、研究報告では岡本正弁護士(左)が登壇なされたとのこと。
お二人とも、多年度に亘って支援活動等をご一緒になされている方だそうです。

また、一ノ瀬大輔准教授から報告された『原発事故が住宅価格に与えた長期的影響の分析』に対して、佐藤先生は不動産鑑定士としての見解を述べられました。
一ノ瀬先生の分析は、
①既に明らかになっている津波による住宅被害だけでなく、原発事故によって住宅関連の損失がどの程度発生したのかを明らかにする。
②原発事故が住宅取引価格に与えた影響を分析。
③住宅取引価格の観点から、風評被害が起きたのかについても検討する。
という内容だったそうです。
佐藤先生は、
・放射能による被災地では、もともと過疎化が進行しており、人口が減少して平常時においても地価が下落傾向だったのではないか。
・被災後には取引が少なくなり、分析対象とする事例数が大きく減少することで、1事例あたりの影響度が大きくなるのはないか。
・これらを要因が、風評被害があったとする有意の中に含まれてしまうのではないか。
佐藤先生も不動産鑑定士としてのデータを用いて検証したくなったとのことでした。


※この写真は、津久井進先生がコーディネーターとして登壇中にもかかわらず、佐藤先生を撮影したものだそうです。

日曜日には、東日本大震災7年復興シンポジウム『復興7年の歩みと東北の明日』に参加なされました。

各地の自治体や復興支援に取り組まれている方々から『復興のいま』を伺い、これからの被災地支援に私たちができることを考えていくというもので、内堀雅雄福島県知事のほか、戸田公明大船渡市長も報告をなさったそうです。
東日本大震災から7年が経過しようとしており、様々な視点で災害そのものの被害実態やその後に行われた支援活動のあり方について、検証がなされてきています。

投稿日:2018年2月19日

「2つのシンポジウム参加について」と関連性の高い記事

  1. 事業と暮らしの無料相談会のお知らせ
  2. 第20回事業とくらしの無料相談会のお知らせ
  3. 住まいと暮らし何でも相談室(再告知)
  4. シンポジウム「津波から人命を守る」
  5. 池袋東口「無料街頭不動産相談」のお知らせ
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード