トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

不動産の鑑定評価

最終更新日:2015年1月12日

資産評価

売買の参考として いくらで売ることができるのか、買うことができるのかを判定致します。
相続財産・寄与分・離婚に伴う財産分与等を行う時の法的根拠として、不動産鑑定士が評価を行うことで固定資産税評価額よりも時価を低く算定できる可能性があり、節税につながります。

担保評価

対象不動産に設定した抵当権の効力が対象不動産のいかなる範囲にまで及んでいくのか、設定された抵当権の実行によって、どの範囲まで差押・競売を行って被担保債権の優先弁済を受けることができるのか適切に把握し、現在時点における資産の適正な市場価値「マーケットバリュー」を判定致します。
お客様が金融機関等から借り入れを起こす際、または金融機関等のお客様が融資される際に、相手方との交渉、リスク管理をなされるのに有効です。

賃料評価

貸ビルやマンションの家賃、借地の地代等、誰もが納得のいく適正な賃料を算出します。
賃料交渉等の際、交渉をスムーズに進めるため、適正な賃料を示す鑑定評価を活用されることをお勧めします。

現物出資

不動産の現物出資により会社を設立する場合、増資する場合には、適正な時価を鑑定評価により判定します。

証券化評価

J-REIT、私募ファンド等各種スキームによる証券化対象不動産について、詳細な分析に基づいた鑑定評価を行います。証券化の各スキームに対応した適正な評価額を算定します。

会社更生法又は民事再生法に基づく評価

会社更生法又は民事再生法に基づく評価の場合には、不動産が更生・再生手続きの中で、計画に沿って管理・運用することを前提に評価する必要性があり、この場合、一般的な市場での取引を前提としない価格という意味で「特定価格」を判定することとなります。
合理的な予測に基づき、事業継続価値、処分価値といった特殊な条件の下で成立する不動産の経済価値を把握し、評価致します。回収可能価額等の判定にお役立て下さい。

民事裁判における鑑定

地代・家賃・立退料・借地権・底地等において争いがある場合に法的根拠としてご活用下さい。

デューディリジェンス

デューディリジェンスは、不動産の売却、購入、投資、さらには証券化等の局面において、不動産の経済価値を物理的・法的・経済的側面から正しく把握するために必要不可欠な事前手続きです。
①立地条件や周辺における競合の程度、需給動向を踏まえた市場性調査
②具体的な賃料、テナント状況を踏まえた収益性調査など、様々なニーズに応じた不動産の現状を調査致します。
物件の投資採算性を判定するため、その他権利関係の錯綜した複雑な案件にもお役立て下さい。

簡易査定

あくまでおおよその価格を知りたい場合、対象不動産の現況利用方法や権利関係のみを調査したい場合、依頼予算に余裕がない場合等にご利用ください。
鑑定評価書と異なり、「不動産鑑定評価基準」を厳密に活用した評価ではないため、公共機関等に対して証拠資料として提示できません。

賃貸等不動産の価格調査

「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準」において適用の対象となる賃貸等不動産の時価を判定します。詳しくはコチラ »

公的評価

地価公示法に基づく標準地の評価(国土交通省)
国土利用計画法による基準地の評価(東京都財務局)
差押不動産等の評価(東京国税局)

更新日:2015年1月12日

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード