トピックス
平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

お知らせ
2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

2017年06月02日

理事兼委員長就任と福島研修会講師

RSS購読

贈与税の非課税枠を活用した住宅取得

相談カテゴリ: トピックス売買・交換税金

平成24年度税制改正から住宅取得資金贈与の非課税枠が拡がり、
非課税枠を活用することで頭金の準備が容易になる等、節税効果を得るとともに住宅の購入がしやすくなっています。

通常、贈与税は年間110万円から課税されますが、
この制度を利用することによって、平成25年中は最大1,200万円までの贈与が非課税となります。

制度の概要
直系尊属(父母・祖父母)から子・孫の住居の新築・取得・増改築のための金銭を贈与により取得した場合において、一定金額までの贈与につき贈与税が非課税となる制度です。
適用期限が平成26年12月31日まで延長されています。

新制度(H24年~26年)
・非課税枠
贈与年    省エネ・耐震性を満たす住居  左記以外の住居(一般住宅)
平成24年       1,500万円           1,000万円
平成25年       1,200万円            700万円
平成26年       1,000万円            500万円

・非課税対象となる住宅の床面積
⇒50㎡以上240㎡以下の住宅が対象
旧制度では50㎡以上の住宅が対象

※贈与を受ける者の合計所得金額が2,000万円以下であることや、住宅の床面積が上記の要件を満たす必要があります。
※中古住宅も対象になります。
※贈与を受けた年の翌年12月31日までにその家屋に居住していない時は、非課税制度は適用されず、修正申告が必要となります。
※手続きとして贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに、非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に一定の書類を添付して、税務署に提出する必要があります。

〈参照リンク〉
■国土交通省
・贈与税の非課税措置

・贈与税の非課税措置の良くある質問

更新日:2013年2月20日

「贈与税の非課税枠を活用した住宅取得」と関連性の高い記事

  1. 不動産取得税の軽減措置について
  2. 低額譲渡に関する不動産コンサルティング
  3. すまい給付金について
  4. 資産の組み換えについて
  5. 平成25年度税制改正による住宅関連減税
相談カテゴリ:
トピックス売買・交換税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード