トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

賃貸トラブル(家屋修繕義務について)

相談カテゴリ: トピックス不動産賃貸借法律・規制相談内容

家屋修繕義務について

賃貸物件たる家屋の修繕義務は貸主にあるのが原則です(民法第606条第1項)。
建物賃貸借契約において、契約当事者間に特約がない限り、
貸主は借主に対し賃貸物件の使用・収益をなさしめるため、
必要な賃貸物件の修繕義務を履行する責任があります。

入居前に部屋の状態を確認したとき、
・窓や玄関の鍵が壊れていた
・窓にヒビが入っていた
・壁や床、畳の状態が酷い
などの場合は、貸主に修繕をするようにお願いできます。
それらの修繕がなされていることを前提として、賃貸借契約を結ぶことができます。
もし、入居されるときに修繕がなされていない場合、契約自体を解除することができます。
※契約当事者間に特約がある場合は適用されない場合があります。

入居後に破損箇所が見つかった場合。
・お風呂のお湯が出ない。
・雨漏りが酷い
などの状態では日常生活に支障をきたすので、
賃貸借契約における貸主の家屋修繕義務の対象になります。

また、借主側が緊急性を要して自身で修繕をした場合。
民法608条の費用償還請求権で貸主側に修繕にかかった費用を請求できます。

賃貸借契約の基本ですが、貸主と借主には権利と義務が対等であらねばなりません。
貸主は借主に目的物を使用収益させる義務があり、賃料を受け取る権利があります。
借主は貸主に賃料を支払う義務があり、目的物を使用収益する権利があります。

賃貸トラブルは多々ありますが、話し合いで解決する場合もあります。
また、特約については契約書または重要事項説明書に明記されているので、契約時に内容をしっかり確認しなくてはなりません。

退去時トラブルについては、国土交通省が発行するガイドラインに詳しく書いてあります。
原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

更新日:2015年1月12日

「賃貸トラブル(家屋修繕義務について)」と関連性の高い記事

  1. 敷引き特約の有効性についての最高裁判決
  2. 不動産訴訟・調停・交渉等
  3. 不動産相続について
  4. 民泊と違法貸しルームと外国人居住者数
  5. 原状回復とその負担の範囲
相談カテゴリ:
トピックス不動産賃貸借法律・規制相談内容
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード