トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

シンポジウム「津波から人命を守る」

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動

先日、神戸市にて行われる南海トラフ大震災に備えるシンポジウムに弊社代表は行かれました。早朝から新幹線で向かわれたとのこと。

シンポジウム「津波から人命を守る」
日時 :平成26年4月26日(土)13:30~17:30
会場 :兵庫県立美術館ミュージアムホール
    神戸市中央区脇浜河岸通1-1-1
第一部:「津波想定区域における地価の状況(和歌山県・徳島県・高知県視察に基づく報告)」
    近畿不動産鑑定士協会連合会危機管理対策委員会
第二部:講演「津波想定の最新情報とその影響・対策」
    人と防災未来センター長・関西大学教授 河田恵昭氏
第三部:パネルディスカッション「いかにして津波から人命を守るか」
    パネリスト 人と防災未来センター長・関西大学教授 河田恵昭氏
          高知県危機管理部 副部長 酒井浩一氏
          和歌山県串本町 総務課副課長 濱地弘貴氏
          関西広域連合会 広域防災局 防災計画参事 藤森龍氏
  コーディネート 阪神・淡路まちづくり支援機構 事務局長
         弁護士 津久井進氏

主催 近畿不動産鑑定士協会連合会 阪神・淡路まちづくり支援機構(共催)
後援 関西広域連合会、兵庫県、高知県、串本町、四国不動産鑑定士協会連合会
協力 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
問い合せ 近畿不動産鑑定士協会連合会事務局 06-6203-7588

社長が首都直下型地震に備える活動を情熱的に行っている経緯について、
先日お話を伺い、過去に社長自身が書かれたブログを読んでみると、深い経緯がわかりました。

2009年9月、社長は豊島区と首都大学東京が主催する、首都直下型地震に備えるための「震災復興まちづくり訓練」に参加し、田中保三さんに出会いました。
田中さんは、阪神・淡路大震災の折、復興の地域リーダーとして地域の方々とともに区画整理、コミュニティ復興にご尽力された方で、現在も阪神・淡路大震災まち支援グループ・まちコミュニケーションの顧問をされているそうです。
http://tukasarea.exblog.jp/10278182/

2009年11月6日、神戸出張の仕事の際に、まちコミュニケーションにお邪魔して、田中保三さんに再会されています。
まちコミュニケーションさんのブログはこちら。
http://machicomi.blog42.fc2.com/blog-entry-658.html

そういえばこの時の神戸出張のお土産を頂いたこともありました!
この時から情熱を注いで日本中を駆け回っておられました。
http://tukasarea.exblog.jp/10479242/

社長がそのときの様子をご自身がブログで綴られているのは、
2010年3月。阪神・淡路大震災から15年後のときです。
http://tukasarea.exblog.jp/10902965/

その後、2009年11月28日、社長は士業全国交流シンポジウムに参加して、過去に被災してしまった都市の専門士業の方々とお会いし、その時にどのような活動を行い、今に繋げているかという話に感銘を受けたそうです。
今回のシンポジウムでコーディネーターをされる津久井進先生とはこのシンポジウムで出会ったとのこと。
http://tukasarea.exblog.jp/10504053/

それから2年も経たずに3.11東日本大震災が発生。
東京の災害復興まちづくり支援機構の運営委員として被災地入りし、
現地の復興協議会にて、阪神・淡路大震災の事務局長としていらしていた
津久井進先生と再会されました。
http://tukasarea.exblog.jp/14471391/

以降、社長はどんなに業務が忙しくても、
「本当に必要なことだから、誰かがやらなければならない」と、
情熱的に東日本大震災の復興支援や首都直下型地震に備える活動を継続してなされています。

投稿日:2014年4月28日

「シンポジウム「津波から人命を守る」」と関連性の高い記事

  1. 理事兼委員長就任と福島研修会講師
  2. 住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)
  3. 第2回首都防災ウィークのお知らせ
  4. 住まいと暮らし何でも相談室のお知らせ
  5. 「関東大震災90周年・首都防災ウィーク」のお知らせ
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード