トピックス
平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

お知らせ
2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

2017年06月02日

理事兼委員長就任と福島研修会講師

RSS購読

住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士事故・天災社会福祉・貢献活動

平成28年3月18日、弊社代表は公益社団法人東京都不動産鑑定士協会相談事業委員会副委員長として「災害に係る住家被害認定調査のための応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)」を開催しています。

2014年8月と2015年9月の過去2度にわたって開催された「住家被害認定調査の基礎的研修」では、災害時における住家被害認定調査業務の意義及び有用性などを学べる機会でした。

今回開催される応用的研修では、株式会社インターリスク総研の全面的なご協力の下、住家被害の模型、実際使用する調査票を用いて、より実践的なトレーニングを行います。


調査方法と調査票の使い方など



木造のほか非木造の住家被害認定調査の具体的な手順、調査方法、住民への対応方法について学べる内容となっています。

※現在、基礎的研修を受講していない方の負担を軽減し、より多くの不動産鑑定士に関与してもらうべく、日本不動産鑑定士協会連合会に対して9 月に行われた基礎的研修をE-ラーニングで配信して頂くよう協力をお願いしております。
E-ラーニングで配信されなくとも、公益社団法人東京都不動産鑑定士協会の事業として継続的な実施が計画されております。

首都直下型地震をはじめ災害時において行政・東京都民に対して支援できる体制を平常時の間にこそ構築すべく、相談事業委員会ではこの応用的研修まで受講された方を「住家被害認定調査に協力可能な不動産鑑定士」として登録した名簿を作成して、23 区及び多摩地域を含めた東京都全域の自治体との間で支援・協力を行うための協定締結を目指しています。
過去に開催された基礎的研修には、東京内外の不動産鑑定士のほか、多数の自治体危機管理担当職員にご参加を頂いており、当該協定の締結についても期待が寄せられています。

※2013 年6 月には災害対策基本法が改正され、市町村長には「罹災証明書」の発行が義務化されました。
住家被害認定調査とは、災害対策基本法第90条の2に基づき、市町村長が「罹災証明書」を発行するために行われるものです。
被災者は「罹災証明書」の発行を受ける事によって、次の支援を受ける事が可能となります。
①被災者生活再建支援金、義援金等の給付
②住宅金融支援機構融資、災害援護資金等の融資
③税金・保険料・公共料金等の減免・猶予
④災害救助法に基づく応急修理等

地震被害を想定し、木造一次調査、木造二次調査、非木造一次調査、非木造二次調査までを網羅した実践的な研修で、9時半から17時まで行います。

投稿日:2016年3月17日

「住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)」と関連性の高い記事

  1. 茨城県常総市における水害被災者のための復旧・復興何でも相談会
  2. インタビュー記事掲載のお知らせ
  3. 南阿蘇村の生活再建に向けて
  4. 住まいと暮らし何でも相談室(再告知)
  5. シンポジウム「津波から人命を守る」
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士事故・天災社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード