トピックス
広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

「相続時の特例~小規模宅地等の評価減~」

相続が発生して相続税を計算する際に、要件を満たせば相続税... more »

お知らせ
2017年09月21日

平成29年地価調査について

2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

RSS購読

住宅ローン控除の特例の創設

相談カテゴリ: 税金

ここでは、平成19年新築住宅に入居するものとして、住宅ローンの借入金額が3,000万円(平成19年1月借入)、ローン金利が3.5%、ローン返済期間を35年とします。

ローン残高

現行制度

特例制度

控除率

控除額

納税額

控除率

控除額

納税額

2007

29,550,050

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2008

29,084,351

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2009

28,602,353

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2010

28,103,485

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2011

27,587,157

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2012

27,052,757

1.0%

200,000

0

0.6%

150,000

50,000

2013

26,499,653

0.5%

125,000

75,000

0.6%

150,000

50,000

2014

25,927,190

0.5%

125,000

75,000

0.6%

150,000

50,000

2015

25,334,691

0.5%

125,000

75,000

0.6%

150,000

50,000

2016

24,721,455

0.5%

123,607

76,300

0.6%

148,329

51,600

2017

24,086,755

-

-

200,000

0.4%

96,347

103,600

2018

23,429,841

-

-

200,000

0.4%

93,719

106,200

2019

22,749,935

-

-

200,000

0.4%

91,000

109,000

2020

22,046,232

-

-

200,000

0.4%

88,185

111,800

2021

21,317,900

-

-

200,000

0.4%

85,272

114,700

累計額

1,698,607

1,301,300

1,952,852

1,046,900

現行制度の場合には、所得税額が20万円であることから、控除限度額の25万円まで使い切ることができず、特例制度よりも控除累計額が少なくなっていることがわかります。ただし、現行制度を選択した場合、6年間は納税額が0円になります。

子育て・起業等で「この期間の支出をできる限り少なくしたい」という家庭もあるでしょう。どちらの制度を選択するかは、現在の所得税額とともに先々の所得も見て決められることをお勧めします。

記事の続き:« 前へ 1 2

更新日:2010年9月30日

「住宅ローン控除の特例の創設」と関連性の高い記事

  1. すまい給付金について
  2. 平成25年度税制改正による住宅関連減税
  3. 税制改正案における住宅ローン減税の概要
  4. 不動産に関する税金Q&A
  5. 住宅ローン豆知識~あれこれの違いについて
相談カテゴリ:
税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード