トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

不動産に関する税金Q&A

相談カテゴリ: 法律・規制税金

不動産には様々な税金がかかります!!

※上記の中で住宅ローン減税(控除)について
個人が住宅を新築したり、新築・中古の住宅を購入したり、現在住んでいる住宅の増改築をした際に、金融機関(銀行・信用金庫・住宅金融公庫等)などから返済期間10年以上の融資を受けた場合には、居住の用に供した年数に応じて、所定の額が所得税から控除されます。

適用条件 (1) 国内で一定の居住用家屋の取得(配偶者等特殊関係者からの中古住宅の取得を除く。)又は増改築等を行ったこと
(2) (1)に係る一定の借入金又は債務の残高を有すること
(3) (1)の居住用家屋の取得をした日から6か月以内にその居住の用に供し、原則として、引き続きその年の12月31日まで居住していること
(4) 控除を受けようとする年分の合計所得金額が3,000万円以下であること(給与のみの場合は年収3,336万円=給与所得控除後3,000万円)
記事の続き: 1 2次へ »

更新日:2010年9月30日

「不動産に関する税金Q&A」と関連性の高い記事

  1. すまい給付金について
  2. 平成25年度税制改正による住宅関連減税
  3. 新しい不動産活用のノウハウ
  4. 相続対策でなぜ収益物件を建てるのか?
  5. 広大地の適用に関する判定
相談カテゴリ:
法律・規制税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード