トピックス
配偶者居住権制度の創設

2018年7月に相続に関する民法が改正され、相続人と共同生活を... more »

令和最初の地価調査

令和元年9月19日令和元年都道府県地価調査結果が国土交通省か... more »

建築基準法の改正

昨年6月27日に建築基準法の一部を改正する法律が公布されまし... more »

平成31年地価公示

3月19日に、国土交通省から2019年1月1日時点での公示地価が公... more »

お知らせ
2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

2019年06月03日

パート・アルバイト募集のお知らせ

2019年05月21日

まち・不動産の 防災・減災・被災後の対応を考えるシンポジウム

2019年05月16日

住家被害認定調査等研修会(公益社団法人栃木県不動産鑑定士協会主催)参加のお知らせ

RSS購読

不動産に関する税金Q&A

相談カテゴリ: 法律・規制税金

〔控除が受けられる住宅とは?〕

  • 専有面積が50㎡以上であること。(登記簿面積)
  • 事務所や店舗と併用している場合、1/2以上が居住用の住宅であること(居住用部分だけが控除の対象となります。)
  • 中古住宅の場合は、取得時の築年数が木造であれば築20年以内、
    耐火建築物は築25年以内であること。
  • 増改築の場合は、工事費用が100万円を超えるもので、
    大規模な修繕・規模替えで増改築後の全体面積が50㎡以上であること。

住宅ローン控除による控除期間の所得税から控除される金額は、
居住の用に供した年に応じて次の算式によって計算されます。

〔算式〕年末借入金残高 × 控除率 = ローン控除額

住宅ローン控除の縮小
入居時期 ローン残高の上限 控除期間 控除率 最大控除額
平成17年 4,000万円 1~8年目
9~10年目
1.0%

0.5%

360万円
平成18年 3,000万円 1~7年目
8~10年目

1.0%

0.5%

255万円
平成19年 2,500万円

1~6年目

7~10年目

1.0%

0.5%

200万円
平成20年 2,000万円 1~6年目
7~10年目
1.0%

0.5%

160万円

《例》平成17年4月に新築の建売住宅を購入し、直ちに自己の居住の用に用いた場合

  • 売買契約書の金額     7,000万円
  • 自己資金         1,400万円
  • 住宅ローン        5,600万円(A・年末残高5,500万円)
  • 年末ローン残高の限度額 (B・4,000万円)

AかBの少ない金額=(B・4,000万円)
住宅ローン控除額(平成17年分)=4,000万円×1%=40万円となります。

弊社の不動産鑑定士・税理士が丁寧にアドバイス致します!!

記事の続き:« 前へ 1 2

更新日:2010年9月30日

「不動産に関する税金Q&A」と関連性の高い記事

  1. すまい給付金について
  2. 平成25年度税制改正による住宅関連減税
  3. 新しい不動産活用のノウハウ
  4. 贈与税の非課税枠を活用した住宅取得
  5. 税制改正案における住宅ローン減税の概要
相談カテゴリ:
法律・規制税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード