トピックス
自然災害債務整理ガイドラインの新型コロナへの適用

令和2年10月30日、東日本大震災・自然災害被災者債務整理ガイ... more »

令和2年地価調査

9月30日令和2年都道府県地価調査結果が国土交通省から公表さ... more »

重要事項説明時の水害ハザードマップにおける物件所在地の説明義務化

国土交通省は令和2年7月17日に、不動産取引時において水害ハ... more »

路線価5年連続上昇~地価LOOKレポート「下落」観測~補正措置検討

国税庁は7月1日に、2020年分の路線価を公表しました。 全国の... more »

お知らせ
2020年08月07日

夏季休暇のお知らせ

2020年04月24日

GW中の休業日について

2020年04月07日

新型コロナウイルス感染症対策に関して

2019年12月20日

年末年始休業日のお知らせ

2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

RSS購読

火災保険について

相談カテゴリ: トピックス事故・天災

ここ数年、災害が相次ぎ、「自然災害によって所有物件に被害があった場合、保険は適用されるのか?」
と、賃貸住宅オーナーの不安の声もあるようです。
台風の場合、火災保険が適用できます。竜巻被害も同様です。
火災保険は火災の他、風災、水災、水漏れなどに適用されます。
被害の状況と保険の内容により、一部もしくは全額の補償が受けられることになります。
注意しなければならないのは、「真価実損払い」と「時価払い」です。
「時価払い」は、築年数などの理由で、建物の資産価値が下がっていると判断された場合、保険額全額は支払われません。
「真価実損払い」は評価額が下がってしまった住宅でも、新築に必要うな費用が補償されます。
その分、保険料の支払いは高くなりますが、最近の災害頻度を考えると「真価実損払い」の方が安心なように思えます。
また、アパートで多い給水設備等の事故による水漏れも対象になるものもあります。
他にも、「家賃特約」を付けた火災保険もあります。
これは、火災で所有物件を失ってしまうと、建替えるまで家賃収入がなくなってしまうので、既定の範囲で得られたはずの家賃相当額が支払われるという特約です。
多くの場合、管理会社が保険代理店業務も行っている為アドバイスしてくれますが、自主管理のオーナーだと、保険プランの確認、変更等の検討をする場合、保険について研究することが必要だと思われます。

更新日:2013年10月28日

相談カテゴリ:
トピックス事故・天災
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード