トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

土地取引動向調査(平成25年8月調査)の結果

相談カテゴリ: トピックス地価関連

10月18日に国土交通省より「土地取引動向調査(平成25年8月調査)の結果」が発表されました。

「土地取引動向調査」とは?
・調査目的
土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としています。
・調査対象
上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業を対象に、半期ごとにアンケート調査を行っています。

~土地取引動向調査(平成25年8月調査)の結果~
主な調査結果
・「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の予想」についてのDI※は、ともに全ての地域で上昇しています。
・「現在の土地取引状況の判断」については、特に「東京都23区内」の上昇幅が33.7ポイントと大きく、平成20年3月調査以来のプラスに転じています。
・「1年後の土地取引状況の予想」については、「大阪府内」及び「その他の地域」が平成19年9月調査以来のプラスに転じていいます。
※DIとは・・・もともと数値化しづらい、業況感や、景況感といった定性的な対象を、アンケートの回答の割合を用いて数値化したものです。
「状況が良い」という意見から、「状況が悪い」とする意見を差し引いた割合に100%をかけて算定します。
土地取引状況の判断に関する現在のDIがプラス値、ということは、現在の土地取引が「活発である」との回答が「不活発である」との回答を上回ったことを示しています。

土地取引動向調査(平成25年8月調査) 調査結果資料(PDF)
http://www.mlit.go.jp/common/001015500.pdf

更新日:2015年1月12日

「土地取引動向調査(平成25年8月調査)の結果」と関連性の高い記事

  1. 8年ぶりの上昇~平成28年地価公示~
  2. 平成27年地価公示-豊島区地価動向-
  3. 平成25年地価調査
  4. 平成22年地価公示について
  5. 平成20年地価公示について
相談カテゴリ:
トピックス地価関連
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード