トピックス
首都圏中古マンション・戸建住宅価格動向

株式会社東京カンテイより発表された 首都圏中古マンション及... more »

今後のマンション政策のあり方に関する検討会

令和5年8月10日、国土交通省からの「今後のマンション政策の... more »

2023年上半期の首都圏新築分譲マンション市場動向

不動産経済研究所より発表された、2023年上半期の首都圏新築... more »

令和5年相続税路線価

7月3日、国税庁から令和5年の相続税路線価が発表されました。... more »

お知らせ
2023年12月28日

年末年始休業日のお知らせ

2023年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年12月21日

年末年始休業日のお知らせ

2022年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年04月28日

GW期間の休業について

RSS購読

老朽化マンション建替えに関する改正法案

相談カテゴリ: トピックス事故・天災法律・規制

マンション建替え円滑化等に関する法律の改正法案について

現在のマンションストック総数約590万戸のうち、
旧耐震基準で建てられたものは約106万戸。
平成25年4月時点でマンションの建替えの実績は約14,000戸とのこと。
首都直下型地震等に備え、老朽化マンション建替えの円滑化等に関する改正法案が
平成26年2月28日に閣議決定されました。

・現行制度と改正案

一般のマンション
改修:区分所有法による改修
   ⇒3/4以上の賛成
建替え:区分所有法による建替え(個別売却)
    マンションの建替法による建替え(権利変換)
    ⇒4/5以上の賛成
取壊して住替え:民法原則に基づき全員の同意が必要

耐震性不足のマンション
改修:耐震改修促進法による改修(平成25年改正措置)
   ⇒過半数の賛成、容積率等の緩和特例

※今回の法案で措置予定
建替え        :マンション敷地売却制度の創設
取壊して住替え    容積率の緩和特例

新制度による敷地売却について
・多数の賛成により売却決議
・組合を設立して建物・敷地を売却
・デベロッパーが新たなマンション等を建設
区分所有者は、建替えマンションへの再入居か他の住宅への住替えを選択。
この制度により、従来の建替えより権利調整が容易になるそうです。

容積率の緩和特例
・耐震性不足の認定を受けたマンションの建替えにより
新たに建築されるマンションで、一定の敷地面積を有し、
市街地環境の整備・改善に資するものについて、
特定行政庁の許可により容積率制限を緩和するそうです。

参考:国土交通省  http://www.mlit.go.jp/report/p……00110.html

更新日:2015年1月12日

相談カテゴリ:
トピックス事故・天災法律・規制
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード