トピックス
広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

「相続時の特例~小規模宅地等の評価減~」

相続が発生して相続税を計算する際に、要件を満たせば相続税... more »

お知らせ
2017年09月21日

平成29年地価調査について

2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

RSS購読

佐藤麗司朗先生の表彰と新聞掲載

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動

先日、平成28年5月31日に開催された公益社団法人東京都不動産鑑定士協会の総会において、弊社代表の佐藤麗司朗先生が「熊本地震における住家被害認定調査にあたり尽力をされた者」として表彰されました。
d0061857_19311959.jpg

さらに同日、不動産業界新聞の住宅新報に単独インタビューの記事が掲載されました。
d0061857_19313322.jpg

熊本地震における公益社団法人東京都不動産鑑定士協会の支援は、先生が以前から取り組まれてきた住家被害認定調査の研修によって、即戦力となったそうです。首都直下型地震に備えるための活動が、熊本地震で発揮されました。
佐藤先生は公益社団法人東京都不動産鑑定士協会を代表して、5月は熊本に4度、15日間も派遣され、率先して支援活動に尽力なされていました。

私たちもいつ取材を受けたのかわからなかったため、新聞を見てびっくりしました。
普段はボランティア活動をなされているため、バラエティー番組などの出演オファーは一切お断りしているのですが、今回は真面目な内容で、その取り組みを全国の不動産鑑定士に対して広めるためにオファーを引き受けたようです。

投稿日:2016年6月2日

「佐藤麗司朗先生の表彰と新聞掲載」と関連性の高い記事

  1. 理事兼委員長就任と福島研修会講師
  2. 住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)
  3. 第2回首都防災ウィークのお知らせ
  4. 住まいと暮らし何でも相談室のお知らせ
  5. 「関東大震災90周年・首都防災ウィーク」のお知らせ
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード