トピックス
空き家対策に関する実態調査について

平成31年1月22日(火)に総務省より空家対策に関する実態調査... more »

平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

お知らせ
2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

2019年06月03日

パート・アルバイト募集のお知らせ

2019年05月21日

まち・不動産の 防災・減災・被災後の対応を考えるシンポジウム

2019年05月16日

住家被害認定調査等研修会(公益社団法人栃木県不動産鑑定士協会主催)参加のお知らせ

RSS購読

佐藤先生登壇のお知らせ(関東弁護士会連合会災害対策協議会)

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動

弊社代表の佐藤麗司朗先生が特別講演の講師として登壇なされる「平成28年度第3回関東弁護士会連合会※災害対策協議会」のお知らせです。

※関東弁護士会連合会(通称関弁連)とは
関東弁護士「会」連合会のことで、東京高等裁判所管内の13の弁護士会によって構成されています。
東京の三弁護士会(東京・第一東京・第二東京)と関東地方の弁護士会(神奈川県・埼玉・千葉県・茨城県・栃木県・群馬)のほか、甲信越の弁護士会(山梨県・長野県・新潟県)及び静岡県の弁護士会が連合した組織です。
関弁連に所属する弁護士の数は約2万人で、日本の弁護士の約60%が関弁連に属しています。
(http://www.kanto-ba.org/)

本年のテーマは「災害対策における他士業連携」とのこと。
南阿蘇村における支援活動の中で、佐藤先生の提言によって罹災証明書発行会場に併設する形で、地元熊本、東京、関西の士業による合同相談会が実現されたということもあり、被災者・自治体支援の取り組みについて特別講演のお話を頂きました。

日時:平成28年12月13日(火)午後3時から午後5時30分まで
場所:法曹会館3階 富士の間
テーマ:「災害対策における他士業連携」

アクセス

開会の挨拶(5分)
関弁連理事長 江藤 洋一 氏(第一東京弁護士会)

第1部 特別講演(40分)
「熊本地震における弁護士との連携について」
不動産鑑定士 佐藤 麗司朗 氏

第2部 基調報告(30分)
①「東京三会のまちづくり支援機構活動告」
災害復興まちづくり支援機構事務局長 安藤 建治 氏(東京弁護士会)
災害対策協議会PT座長 中野 明安 氏(第二東京弁護士会)

②「長野県弁護士会の活動」
災害対策運営委員会委員長 中嶌 知文 氏(長野県弁護士会)

第3部 ワークショップ(50分)
災害対策協議会PT委員副座長 舘山 史明 氏(群馬弁護士会)
災害対策協議会PT委員 二宮 淳悟 氏(新潟県弁護士会)

第4部 総括講評(10分)
災害対策協議会PT座長 中野 明安 氏(第二東京弁護士会)

閉会の挨拶(5分)
関弁連副理事長 中城 重光 氏(東京弁護士会)

司会 災害対策協議会PT副座長 葦名 ゆき 氏(静岡県弁護士会)

参加者は関東弁護士会連合会に所属する弁護士の先生方で、一般公開ではないようです。
12月初旬に行われた熊本県南阿蘇村の支援活動から帰還なされた後、分科会幹事・国税主幹としての公務や、相談事業委員会の会務、弊社の業務に追われ、まさに師走を体現なされているかの如く分刻みで多忙を極めておられます。

投稿日:2016年12月9日

「佐藤先生登壇のお知らせ(関東弁護士会連合会災害対策協議会)」と関連性の高い記事

  1. 住家被害認定調査等研修会のお知らせ(群馬県高崎市にて開催)
  2. 大阪北部地震被災地への第2回派遣について
  3. 佐藤先生の帰還と再々派遣の予定
  4. 住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)
  5. 住まいと暮らし何でも相談室のお知らせ
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード