トピックス
生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

お知らせ
2018年02月19日

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇+シンポジウム

2018年02月15日

日本弁理士会関東支部不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2018年02月14日

「TEAM防災ジャパン」リレー寄稿のお知らせ

2018年02月01日

杉並区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結

2018年01月22日

全日本不動産協会東京都本部第二回法定研修会登壇のお知らせ

RSS購読

杉並区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動

本日、弊社代表の佐藤麗司朗は、東京都不動産鑑定士協会の理事・相談事業委員長として、杉並区との『災害時における住家被害認定調査等に関する協定』締結式に出席致しました。
江戸川区、西東京市、品川区に続く4つ目の協定となります。


杉並区では、東京湾北部地震(冬の18時、風速8m/s)によって、27,161棟の焼失、2,523棟の全壊、12,084棟の半壊という甚大な被害が発生すると想定されています。

発災直後から不動産鑑定士が支援に入ることで、
①調査員に向けて実戦的なレクチャーを実施し、判定方法の目線を統一できます。
②罹災証明書発行会場における被災者向け相談会の併設など、きめ細やかなフォローを行うことで、都民と自治体との不要な衝突を避けることができます。

発災初期の交通整理役を不動産鑑定士が果たすことで、都民・自治体の双方疲弊を防ぎ、その後に続く復興への長い道のりに向けて、力を温存してもらうための一助となれば幸いです。

今後も都内各所の自治体との間で同様の協定を締結し、有事においても頼りになる専門家として、不動産鑑定士に求められる社会的使命を形にしていきます。

投稿日:2018年2月1日

「杉並区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結」と関連性の高い記事

  1. 理事兼委員長就任と福島研修会講師
  2. 住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)
  3. 第2回首都防災ウィークのお知らせ
  4. 住まいと暮らし何でも相談室のお知らせ
  5. 復興まちづくりシンポジウム
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード