トピックス
空き家対策に関する実態調査について

平成31年1月22日(火)に総務省より空家対策に関する実態調査... more »

平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

お知らせ
2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

2019年06月03日

パート・アルバイト募集のお知らせ

2019年05月21日

まち・不動産の 防災・減災・被災後の対応を考えるシンポジウム

2019年05月16日

住家被害認定調査等研修会(公益社団法人栃木県不動産鑑定士協会主催)参加のお知らせ

RSS購読

豊島区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動

本日、弊社代表の佐藤麗司朗は、豊島区との『災害時における住家被害認定調査等に関する協定』調印式に出席致しました。
首都直下型地震に備えて、同様の協定締結済み自治体は江戸川区、西東京市、品川区、杉並区、渋谷区、港区に続いて7つ目となりました。

豊島区は乗降客数日本3位の池袋を有し、人口過密度は1位です。
首都直下型地震が発災すると、14万人を超える池袋駅構内滞留者・帰宅困難者が想定されています。
区内には木造密集地域も存在し、火災による危険性も指摘されているところです。
しかし、近年では防災に関する先進的な試みをしており、自治体の中では模範となっています。
豊島区はつかさ不動産鑑定事務所のホームグラウンドなので、佐藤先生が最も迅速に支援活動を展開することが可能かもしれません。
東京都不動産鑑定士協会では、今後も危機意識の高い自治体を中心に協定締結を進めて、首都直下型地震等の大規模災害に備えていきます。

投稿日:2018年6月12日

「豊島区との災害時における住家被害認定調査等に関する協定締結」と関連性の高い記事

  1. 弊社代表の大阪北部地震被災地支援について
  2. 「TEAM防災ジャパン」リレー寄稿のお知らせ
  3. 南長崎一・二・三丁目地区震災復興まちづくり訓練支援専門家ガイダンス
  4. 自然災害に向けて不動産鑑定士の役割を考えるシンポジウム
  5. 9度目の熊本派遣お知らせ
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士社会福祉・貢献活動
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード