トピックス
新型コロナウイルス感染症対策にかかる事業者向け支援策

今般の新型コロナウィルス感染症に係る対応策として、4月7日... more »

増える「所有者不明土地」の新活用法「地域福利増進事業」

2016年度の地籍調査によると登記簿上の所有者不明土地の割合... more »

令和2年地価公示

国土交通省から2020年1月1日時点での公示地価が公表されまし... more »

配偶者居住権制度の創設

2018年7月に相続に関する民法が改正され、相続人と共同生活を... more »

お知らせ
2020年04月24日

GW中の休業日について

2020年04月07日

新型コロナウイルス感染症対策に関して

2019年12月20日

年末年始休業日のお知らせ

2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

RSS購読

令和元年地価調査

相談カテゴリ: トピックス地価関連

令和元年9月19日令和元年都道府県地価調査結果が国土交通省から公表されました。

平成30年7月からの1年間の地価は、全国全用途の平均変動率は+0.4%で2年連続の上昇となり、前年の+0.1%から上昇幅は拡大しました。

用途別では、住宅地の平均変動率は△0.1%で下落幅の縮小傾向が継続しており、商業地の平均変動率は+1.7%で3年連続の上昇となり、上昇基調を強めています。 各圏域の変動率は以下の通りです。

三大都市圏をみると、全用途平均、住宅地・商業地・工業地のいずれの用途でも、各圏域において上昇が継続し、上昇幅も拡大しました。

地方圏をみると、商業地が平成3年以来28年ぶりに上昇、工業地も平成4年以来27年ぶりに上昇に転じました。

住宅地は下落になっていますが、下落幅の縮小傾向は継続しています。

地方圏のうち、地方四市(札幌市、仙台市、広島市、福岡市)では高い上昇率を示す一方、その他の地方圏では工業地が上昇に転じたものの、住宅地・商業地では依然として下落が続いています。

個別地点ごとでは、全国で最も上昇率が高かったのは、住宅地が「倶知安-2(+66.7%)」、商業地が「倶知安5-1(+66.7%)」でした。 共にいずれも北海道のスキーリゾート地として有名なニセコスキー場に程近くの地点で、著しい上昇率を示しています。

住宅地の上位地点については、沖縄県のリゾート地が大半を占め、商業地についても沖縄県が多く、その他では大阪、京都の繁華街が並んでいます。

東京都で最も高い上昇率を示したのは、「台東5-1」の+34.5%で、観光客で賑わう浅草に位置する地点でした。

更新日:2020年6月18日

「令和元年地価調査」と関連性の高い記事

  1. 平成31年地価公示
  2. 平成30年地価公示
  3. 平成24年地価公示について
  4. 平成22年地価公示について
  5. 平成20年地価公示について
相談カテゴリ:
トピックス地価関連
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード