トピックス
首都圏中古マンション・戸建住宅価格動向

株式会社東京カンテイより発表された 首都圏中古マンション及... more »

今後のマンション政策のあり方に関する検討会

令和5年8月10日、国土交通省からの「今後のマンション政策の... more »

2023年上半期の首都圏新築分譲マンション市場動向

不動産経済研究所より発表された、2023年上半期の首都圏新築... more »

令和5年相続税路線価

7月3日、国税庁から令和5年の相続税路線価が発表されました。... more »

お知らせ
2023年12月28日

年末年始休業日のお知らせ

2023年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年12月21日

年末年始休業日のお知らせ

2022年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年04月28日

GW期間の休業について

RSS購読

広大地の適用に関する判定

相談カテゴリ: 不動産鑑定士地価関連法律・規制税金

平成16年に相続税の評価における「広大地」税務評価について大幅な改正があり、その評価方法が簡便な計算で求めることが出来るようになりました。

しかし、一方で評価対象地が広大地に該当するかどうかで、評価額が大きく異なることからその判定が重要なものとなっています。

「広大地」に該当するかどうかは以下のフローチャートで確認できます。
しかし、マンションと戸建住宅が混在する地域でのマンション適地か戸建分譲用地かの判断や、戸建分譲用地であっても、潰れ地が発生するかどうかの判断などは不動産鑑定士でなければ困難な場合もあります。

広大地評価フローチャート

上記フローチャートによって広大地適用の可否について大まかな判断は行えますが、実情では、その判断が難しい土地も多く存在します。

不動産鑑定士による広大地の判定にあたっては、周辺における利用状況や開発動向評価対象地における行政上、法律上の規制を加味して検討を行い、意見書を作成いたします。

広大地判定の流れ

  1. 相談の受付、資料の提出
    必要な資料(登記簿謄本、住宅地図、公図、地積図等)をご提出頂きます。
  2. 机上での検討
    ご提出頂いた資料に基づき広大地適用の可能性について検討いたします。
  3. 現地調査、役所等での確認
    対象地の状況、周辺利用状況、法令による規制内容等を確認いたします。
  4. 広大地適用の検討
    現地調査に基づき、広大地適用の可否について検討いたします。
  5. 意見書の作成及び納品
    広大地の適用が可能と判断した場合、意見書を作成し、納品させて頂きます。

広大地に該当しなかった場合でも鑑定評価を行うことで、路線価評価より価格が低くなることがあります。

更新日:2015年1月12日

相談カテゴリ:
不動産鑑定士地価関連法律・規制税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード