トピックス
平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

お知らせ
2018年11月08日

住家被害認定調査等研修会のお知らせ(熊本県知事公室危機管理防災課)

2018年10月29日

平成30年秋の講演会「都市と不動産を考える」のお知らせ

2018年10月15日

住家被害認定調査等研修会のお知らせ(公益社団法人岐阜県不動産鑑定士協会)

2018年10月10日

平成30年度不動産鑑定士による秋の不動産無料相談会のお知らせ

2018年10月10日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会開催のお知らせ

RSS購読

広大地の評価方法改正(案)について

相談カテゴリ: トピックス不動産鑑定士法律・規制税金

広大地とは
面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地で、戸建分譲を行う場合に道路等の負担が必要となる宅地です。

平成28年12月22日閣議決定された平成29度税制改正大綱において、相続税等の財産評価の適正化として、「広大地」評価についての見直し案が盛り込まれました。

平成29度税制改正大綱PDF
https://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2017/20161222taikou.pdf

税制改正大綱抜粋
「広大地の評価について、現行の面積に比例的に減額する評価方法から、各土地の個性に応じて形状・面積に基づき評価する方法に見直すとともに、適用要件を明確化する。」

まだ詳細は公表されておらず、現在の広大地の規定(財産評価基本通達24-4)を廃止し、新たに「地積規模の大きな宅地の評価」(財産評価基本通達20-2)を新設する改正案についてパブリックコメントを募集していました。平成29年7月21日に締め切られ、具体的な改正内容は集計結果待ちとなるでしょう。

現行の計算方法
評価額 = 路線価 × 地積 × 広大地補正率

改正後の計算方法(案)
評価額 = 路線価 × 地積 × 補正率(※1)× 規模格差補正率(※2)
※1
間口狭小、奥行長大、角地、二方路、不整形等の土地形状・土地個別性に応じた補正
※2
規模格差補正率 =((A×B+C)÷ 地積規模の大きな宅地の地積A)×0.8

この改正は、平成30年1月1日以後に相続、遺贈又は贈与により取得した財産の評価に適用される予定です。

更新日:2017年7月25日

「広大地の評価方法改正(案)について」と関連性の高い記事

  1. 同族間取引・同族法人間取引
  2. 共有地について
  3. 相続対策でなぜ収益物件を建てるのか?
  4. 資産の組み換えについて
  5. 不動産訴訟・調停・交渉等
相談カテゴリ:
トピックス不動産鑑定士法律・規制税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード