トピックス
広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

「相続時の特例~小規模宅地等の評価減~」

相続が発生して相続税を計算する際に、要件を満たせば相続税... more »

お知らせ
2017年09月21日

平成29年地価調査について

2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

RSS購読

水害ハザードマップ作成の手引き

相談カテゴリ: トピックス事故・天災

平成28年4月25日に国土交通省から「水害ハザードマップ作製の手引き改定」の発表がありました。

平成27年関東・東北豪雨災害では、多数の住民が取り残され救助されるなど、ハザードマップが避難行動に結びつかない事態が発生しました。
このような背景を踏まえ、水害ハザードマップをより効果的な避難行動に直結させるため、「水害ハザードマップ検討委員会」を開催し、有識者及び行政関係者から聴取した意見も踏まえ、「水害ハザードマップ作成の手引き」を改定しました。

「水害ハザードマップ作成の手引き」改定のポイント

・水害において、屋内安全確保(垂直避難)では命を守りきれない区域が存在するため、市町村において「早期の立退き避難が必要な区域」を設定

・地域により発生する水害の要因やタイミング、頻度、組み合わせは様々に異なることから、市町村において事前に「地域における水害特性」等を十分に分析することを推奨

・住民目線となるよう、「災害発生前にしっかり勉強する場面」、「災害時に緊急的に確認する場面」を想定して水害ハザードマップを作成

・従前、洪水、内水、高潮・津波に分かれていた各ハザードマップ作成の手引きを統合・改定

また、これまでの検討委員会での議論の経過や今後のハザードマップのあり方についてとりまとめた「住民目線に立った水害ハザードマップのあり方(委員会報 告)」及び市町村における水害ハザードマップ作成の負担軽減のため、必要最低限の情報を含んだ水害ハザードマップを容易に作成できる作成支援ツールが公表 されました。

この必要最小限の情報を含んだ水害ハザードマップ作成支援ツールは、利活用シチュエーションを意識しながら市町村が容易に作成できるように構成されています。
いつ(平時、緊急時)・どこで(自宅、自宅外)・誰が(一般、避難行動要配慮者、外国人)の観点から整理、検討し作成されます。
ハザードマップを水害時の住民避難に有効活用する為、作成・配布だけではなく、様々な機会を通じて継続的に周知するとともに、ワークショップ、避難訓練、防災教育等での活用を徹底して行う必要があります。

作成支援ツールによる水害ハザードマップ(イメージ)クリックで拡大

水害ハザードマップ作成支援ツールほか詳細はコチラ↓
国土交通省HP
http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/jigyo_keikaku/saigai/tisiki/hazardmap/index.html

更新日:2016年4月29日

「水害ハザードマップ作成の手引き」と関連性の高い記事

  1. 自然災害ガイドラインについて
  2. 老朽化マンション建替えに関する改正法案
  3. 火災保険について
  4. 不燃化特区について
  5. 耐震基準と重要事項説明について
相談カテゴリ:
トピックス事故・天災

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード