トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

不動産鑑定士制度

相談カテゴリ: 不動産鑑定士

資格を取るには?

短答式試験

試験科目:不動産に関する行政法規/不動産の鑑定評価に関する理論の2科目
受験資格:年齢、学歴、性別、国籍を問わず誰でも受験できる
試験日:毎年1回、5月実施

論文式試験

試験科目:民法/経済学/会計学/不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)/不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題)の5科目
受験資格:短答式試験合格者
試験日:毎年1回、8月上旬頃実施(3日間)

実務修習

国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関において「実務修習」を受けます。

不動産鑑定士

実務修習修了考査の結果、修了を認められ、国土交通大臣の修了の確認を受けた者が不動産鑑定士として登録することができます。

資格取得後は?

企業内鑑定士

一般企業に所属し、鑑定評価部門において鑑定評価等業務を行うことや、不動産鑑定士の知見を活用して他部門で活躍できます。(不動産会社/信託銀行/生保・損保会社ほか)

独立開業

不動産鑑定業の登録を受け、不動産鑑定事務所を開業することができます。

更新日:2010年9月15日

「不動産鑑定士制度」と関連性の高い記事

  1. 不動産鑑定士による秋の不動産の無料相談会のお知らせ
  2. 住まいと暮らし何でも相談室のお知らせ
  3. 第四回足立区よろず無料相談会お知らせ
  4. 第31回住まいの無料相談フェアのお知らせ
  5. 新しい不動産活用のノウハウ
相談カテゴリ:
不動産鑑定士

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード