トピックス
2021年度 首都圏新築分譲マンション市場動向

4月18日に㈱不動産経済研究所から2021年度(21年4月~22年3月... more »

第25回不動産市況DI調査

5月6日に公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会より、202... more »

2021年度 定期借家物件の募集家賃動向

不動産情報サービスのアットホーム(株)は25日、2021年度の... more »

令和4年第1四半期地価LOOKレポート

国土交通省から令和4年第1四半期(令和4年1月1日~4月1日)の地... more »

お知らせ
2022年04月28日

GW期間の休業について

2021年12月28日

年末年始休業のお知らせ

2021年08月06日

夏季休暇のお知らせ

2021年04月28日

GW中(4/29~5/5)の対応について

2020年12月25日

年末年始休業日のお知らせ

RSS購読

路線価5年連続上昇~地価LOOKレポート「下落」観測~補正措置検討

相談カテゴリ: トピックス税金

国税庁は7月1日に、2020年分の路線価を公表しました。
全国の平均値(標準宅地の変動率)は前年比1.6%のUPとなり、5年連続の上昇となりました。

路線価は1月1日時点の評価額。
近年、景気回復や訪日外国人の増加によるインバウンド需要で地価の上昇傾向が続き路線価も上昇しています。

都道府県別の路線価の前年比変動率(標準宅地の平均値)は、首位は沖縄県の10.5%、次ぎに東京都が5.0%、宮城と福岡が4.8%と続き、全国でも訪日客が多く集まる観光地や再開発が続く都心部などの上昇率が高い傾向です。

ただ、堅調な結果となった路線価ですが、懸念されるのは基準日以降に猛威を振るった新型コロナウイルスの影響です。

相続税・贈与税の申告で土地の評価額の算定基準に用いられる路線価は、毎年1月1日を評価時点として、国土交通省が公表する公示地価の8割を目安に算出されています。
しかし、年の途中で地価が大幅に下落すると、路線価と時価のバランスが崩れることとなります。

実際、国土交通省より6月19日に公表された20年度第一四半期版(4月1日時点)の「地価LOOKレポート」によると、全体としては「穏やかな上昇」との見解を据え置いたものの、新型コロナウイルス感染症による影響により、平成26年第2四半期以来、6年ぶりの下落地区が見られ地価動向に明確な変化があらわれました。

下落した地区は4地区。「岐阜駅北口」「(高松)丸亀町周辺」「(横浜)元町」「(福岡)大濠」。

国税庁は実態と乖離した課税となるのを回避するため、新型コロナウイルスにより20%を超えるような大幅な下落があれば、従来手法に加えて新たな補正措置を講じる方針です。

また、都道府県地価調査や地価LOOKレポートの確認や独自に地価動向を調べるなど今後の地価の変動を注視し、10月以降にも補正手段を公表するようです。

更新日:2020年7月17日

相談カテゴリ:
トピックス税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード