トピックス
首都圏中古マンション・戸建住宅価格動向

株式会社東京カンテイより発表された 首都圏中古マンション及... more »

今後のマンション政策のあり方に関する検討会

令和5年8月10日、国土交通省からの「今後のマンション政策の... more »

2023年上半期の首都圏新築分譲マンション市場動向

不動産経済研究所より発表された、2023年上半期の首都圏新築... more »

令和5年相続税路線価

7月3日、国税庁から令和5年の相続税路線価が発表されました。... more »

お知らせ
2023年12月28日

年末年始休業日のお知らせ

2023年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年12月21日

年末年始休業日のお知らせ

2022年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年04月28日

GW期間の休業について

RSS購読

遺産分割と不動産

相談カテゴリ: 法律・規制

換価分割と代償分割の例

換価分割を行う場合、十分に調査をおこなってから遺産の相続をする必要があります。以下は、トラブルになりかけた例です。

ご相談いただいた事例では、相続人間で換価分割を意図していました。売却するため便宜的に登記簿上、長男名義に変更をおこないました。(遺産分割協議書も長男に所有権を移すとしていました。)

その為、長男が「代償分割で遺産を相続した。」とみなされ、更に「代償分割で取得した不動産を売却する」と、みなされてしまいました。

ところで、代償分割により取得した不動産を売却すると、譲渡所得税を負担するのは、その相続人のみになります。また、他の相続人に支払う代償金は、不動産の取得費に算入されません。(この場合は、長男が譲渡所得税を負担することになります。)

更に、取得時の売買契約書がなかったため、譲渡所得税は売却価額の5%で計算されます。売却価額の5%で取得費算定すると相当な金額の譲渡所得が発生する状況でした。(幸いバブル期に取得した不動産だったので、種々の資料から売却価額よりも取得費のほうが高いはずと証明して事なきを得ました。)

この事例でも弁護士が立ち会っていたのですが、必ずしも税金まで把握していないことがありますので、遺産分割の方法を選択する際は十分にご注意ください。

更新日:2013年5月24日

相談カテゴリ:
法律・規制
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード