トピックス
広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

「相続時の特例~小規模宅地等の評価減~」

相続が発生して相続税を計算する際に、要件を満たせば相続税... more »

お知らせ
2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

2017年06月02日

理事兼委員長就任と福島研修会講師

2017年05月30日

第25回北区の事業とくらしの無料相談会お知らせ

RSS購読

不動産の証券化を活用

相談カテゴリ: 不動産投資不動産鑑定士相談内容

不動産の証券化を活用したい。

オフィスビル、賃貸マンション等を取得するために、ファンドを組成し、投資家からの投資を募りたい。
SPC等のスキームを利用し、自社保有物件のオフバランス化して、財務体質の改善を図りたい。

期待できる収益と将来の売却可能価格を評価します。

不動産を裏付けとする証券に機関投資家等が投資する場合や、特定目的会社に融資する場合に、その不動産の生む収益性や、将来の適正な売却可能価格を知るために鑑定評価が必要となります。
平成19年4月の不動産鑑定評価基準改正により、証券化に関する鑑定評価基準が新たに設けられ、不動産の生み出すキャッシュフローに着目した、DCF法による評価が義務付けられました。証券化対象不動産の評価を行うに当たっては、依頼者はもちろんのこと、資産保有者、投資家等のいずれにも客観的かつ公正な評価を行います。

更新日:2015年1月12日

「不動産の証券化を活用」と関連性の高い記事

  1. 借地権に関する売買
  2. 不動産訴訟・調停・交渉等
  3. 同族間取引・同族法人間取引
  4. 不動産の賃貸借について
  5. 低額譲渡に関する不動産コンサルティング
相談カテゴリ:
不動産投資不動産鑑定士相談内容
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード