トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

7度目の熊本派遣お知らせ

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士事故・天災

弊社代表の佐藤麗司朗先生は、昨日から5泊6日で熊本に派遣されています。
今回で7回目の派遣となり、5月から数えて29日間と約1ヶ月に渡る滞在日数です。
その間に地価調査の分科会幹事としての職務も果たされ、東京にいる間も分刻みのタイトなスケジュールに奮闘なされていました。

阿蘇大橋崩落現場の絶壁

白水中学校付近のがれき集積場(平成28年7月7日時点)

先生のお話では、がれきが以前より小さくなり復興が進んでいる証拠だと安堵なされたそうです。

6月は悪天候が続いて土砂災害・水害が拡大し、調査が思うように進んでいないとの事です。
今回の派遣では危険な状況も発生する可能性があるそうなので、佐藤先生ほか専門家の先生方、くれぐれもご無理をなさらず、お気を付けて無事に帰って来て下さい。

度重なる災害に被災者の方々、支援活動を行っている方々も気が休まらない状況かと思いますが、
一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

投稿日:2016年7月7日

「7度目の熊本派遣お知らせ」と関連性の高い記事

  1. 9度目の熊本派遣お知らせ
  2. 吉村会長と弊社代表の熊本訪問と今後の被災地支援活動について
  3. 第10回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ
  4. インタビュー記事掲載のお知らせ
  5. 茨城県常総市における水害被災者のための復旧・復興何でも相談会
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士事故・天災
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード