トピックス
広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

「相続時の特例~小規模宅地等の評価減~」

相続が発生して相続税を計算する際に、要件を満たせば相続税... more »

お知らせ
2017年09月21日

平成29年地価調査について

2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

RSS購読

第10回復興まちづくりシンポジウムの参加レポート

相談カテゴリ: お知らせ不動産鑑定士事故・天災

先日、弊社代表の佐藤麗司朗先生が登壇なされた「第10回復興まちづくりシンポジウム」に参加してきました。
記念すべき第10回目となる今回のテーマは「専門家と共に考える災害への備え・復興準備編」です。

都庁の大会議場に初めて入りました。とても立派な会場で、ほぼ満席状態でした。
d0061857_14584846.jpg

東京都総務局総合防災部防災対策担当部長の和田慎一氏、災害復興まちづくり支援機構代表委員の横山聡氏による開会の挨拶から始まり、第一部では東京都総務 局総合防災部防災管理課情報統括担当部長の小澤洋之氏が東京都が策定した「東京都震災復興マニュアル」のうち「復興プロセス編」の紹介をなされました。
d0061857_1502465.jpg

詳細はコチラ↓
東京都防災ホームへ―ジ

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/taisaku/1000061/1000404.html

第二部は、佐藤先生による熊本地震の復旧・復興支援報告でした。
d0061857_15132840.jpg

スクリーン上の写真に合わせて、前半は熊本地震の被害状況報告、後半は南阿蘇村への支援活動報告がなされました。
d0061857_1505978.jpg
後で伺った話ですが、佐藤先生の登壇するまでに予定よりも時間が押していて、登壇中には電話の着信があったりと、想定外のことに戸惑ったそうです。
こちらから見ていると、そんな様子はわかりませんでした。

第三部の各専門家によるパネルディスカッション。
d0061857_1511982.jpg
ディスカッションの前に各々の支援・活動の報告がなされました。
・大船渡市における支援活動:支援機構事務局次長 佐藤隆雄氏
・大島町専門家派遣:支援機構事務局長 安藤建治氏
・常総市支援プロジェクト:支援機構事務局員 大﨑慎一氏
・震災復興まちづくり訓練・豊島区:豊島区長崎三丁目町会長 足立憲昭氏

d0061857_1554281.jpg

佐藤先生も支援機構の運営委員や実行委員長として大船渡市と常総市の支援活動に参画なさっていたので、その時々の様子について伺っていました。
また、豊島区長崎の震災復興まちづくり訓練にも関わっておられたので、登壇者の方の報告内容をすんなりと理解できました。
大船渡市碁石地区のお話では、行政の押しつけ型の復興ではなく、地元住民が積極的に参加することが、復興への近道だという好例だというお話で、感銘を受けました。神戸市真野地区のような復興が岩手県でも実現したのですね。
また、豊島区長崎地区の震災復興まちづくり訓練は、今回のテーマである「復興準備」を実践する形で地域住民一丸となって訓練活動をしており、豊島区長崎1,2,3丁目の歴史や現状を交えた興味深いお話だったので特に印象に残っています。

佐藤先生もパネリストとして登壇され、「首都直下型地震を迎え撃つためにはどうしたら良いか?」との中林一樹先生からの問いに「常日頃から顔の見える関係 性を構築する事が必要で、自分の地域だけでなくて他の地域間においてもネットワークを構築することも必要である。東京都として支援を行う力は蓄えられてき ているが、大規模な災害が発生した場合に、他の地域からの支援を受け入れる力=受援力があるのかどうかが重要」とお話されていました。

このお話で、佐藤先生との何気ない会話を思い出しました。
熊本県派遣の時、罹災証明書発行会場で併設した他士業合同相談会などの試みもあり、準備段階でもかなり苦戦されているご様子でした。
地域間の壁によって支援の受け入れ体制が整わなかったり、専門士業間の温度差が浮き彫りになって協働できなかったり、常日頃から幅広いネットワークを構築する必要性を改めて痛感されたそうです。

d0061857_15125082.jpg

シンポジウムの終了後の一枚
向かって右は東京都不動産鑑定士協会の吉村真行会長。
左は東京都不動産鑑定士協会広報委員の鈴木先生。

投稿日:2016年7月21日

「第10回復興まちづくりシンポジウムの参加レポート」と関連性の高い記事

  1. 10度目の熊本派遣のお知らせ
  2. 7度目の熊本派遣お知らせ
  3. 三度目の熊本派遣・多士業合同相談会
  4. 佐藤先生の帰還と再々派遣の予定
  5. 住家被害認定調査応用的研修(DATS:Damage Assessment Training System)
相談カテゴリ:
お知らせ不動産鑑定士事故・天災
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード