トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

住宅ローン豆知識~あれこれの違いについて

相談カテゴリ: 売買・交換

戸建住宅、マンションを購入するには、規模やグレード、新築か中古によっても異なりますが、多額の購入資金が必要になります。

お手元に数千万円の現金があれば別ですが、なかなかそういう訳にはいかないのが現実です。

そうした場合には、住宅ローンに頼らざるを得ません。しかし、住宅ローンは何十年に渡って返済する借金。よく分からない用語も多く、なかなか購入には踏み出せないということはありませんか。

ここでは、いくつかのポイントについて解説し、不安や不明な点を少しでも解消できればと思います。

固定金利と変動金利ではどちらがお得なの?

例えの話ですが、年利3%で2,000万円を借りると1年でつく利息は60万円、同じ額でも年利2%では1年につく利息は40万円となり、差額は20万円となります。当然の話ですが、金利の幅が小さくても、元金(借りるお金)が高額であればあるほど利息の差額は大きくなります。

どうせならば、極力利息は少なく済ませたいものです。金融の話になりますが、金利は金融市場での需要と供給のバランスによって上下するものです。

住宅ローンの金利種別には、 大きく分けると固定金利型変動金利型があります。

<固定金利型>

借入時の金利が返済終了まで変動なく続くものです。その為、将来的な返済額も前もって確定できます。

  • 利点
    低金利の時期に借入を行うと比較的利息を抑えることができます。
    一昔前の「ゼロ金利」時代に固定金利型が多く選ばれていたのはこのためです。
  • 注意点
    一般的には、金利は変動金利型よりも高めに設定されています。

<変動金利型>

一定期間ごとに金利の見直しがされます。見直し時期は、民間ローンの半年毎があれば、 公的ローンの5年毎もあり様々です。この場合、5年ごとに月々の返済額の見直しが行われ、返済額が下がることもあれば上がることもあります。

  • 利点
    一般的には、金利は固定金利型よりも低めに設定されています。
    見直し時期に金融市場の金利が下がっていれば、利息を抑えることができます。
  • 注意点
    上記のように、金融市場の将来的動向に左右されますので、
    固定金利型よりも割安で済むこともあれば、割高になることもあります。
    これにより月々の返済額が変動することによって
    返済計画の変更が必要になる場合があります。

では、どのタイプを選べばよいのでしょうか?

堅実な返済計画という意味では、
固定金利型の方がお勧めできると思います。

固定金利型ですと、将来的な返済額を借入時に確定できるので、返済計画の変更が不要で お客様のライフプランを計画しやすくなります。

また、最近では、最初の一定期間は固定金利で、その後変動金利に切り替わる固定金利選択型というタイプもあります。

どのプランを選択するかは、お客様の将来的なライフプラン、家計状況を考慮した上で、選択していただく事が最良だと思います。

記事の続き: 1 2 3 4 5次へ »

更新日:2010年9月8日

「住宅ローン豆知識~あれこれの違いについて」と関連性の高い記事

  1. フラット35Sの金利引下げ幅の拡大等について
  2. すまい給付金について
  3. 税制改正案における住宅ローン減税の概要
  4. 住宅ローンがチャラになる団体信用生命保険
  5. 全宅住宅ローン「フラット35」とは
相談カテゴリ:
売買・交換
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード