トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

住宅ローン豆知識~あれこれの違いについて

相談カテゴリ: 売買・交換

親子リレー返済ってお得なの?

高齢の方が住宅ローンを組む際には、年齢制限があります。「フラット35」の場合は、原則として申込日現在で70歳未満となっています。

加えて完済時の年齢は80歳が上限であるため、申込日現在の年齢が45歳を過ぎると、返済期間も制限されることになります。

一方、若い世代が住宅ローンを組む場合には、収入が多く見込めないため、ローンを組めないことがあります。

しかし、こうした問題を両方解決させる方法があります。

その一つが「親子リレー返済」です。

親がローンを申込み、その契約に子が連帯債務者として加わるのです。この方法を使えば、高齢の方の70歳未満の年齢制限がありませんし、ローンの組めない若い世代でも住宅を手に入れることが可能です。

また、その際には子の年齢を考えて、返済期間を長期にすることもできますから、毎月の支払額を抑えることができます。

ただし、親に万が一のことがあっても、子にも連帯債務があるので継続して返済していくことになります。

このように、通常では制限されてしまう状況でも、親子で協力することで夢のマイホームを手に入れることができるのですから、二世帯住宅を建てる場合などでは、有効な手段と言えると思います。

この他、民間の住宅ローンでは親と子が別々にローンを組み、相互に連帯保証人になるという「親子ペアローン」という方法もございます。

記事の続き:« 前へ 1 2 3 4 5次へ »

更新日:2010年9月8日

「住宅ローン豆知識~あれこれの違いについて」と関連性の高い記事

  1. フラット35Sの金利引下げ幅の拡大等について
  2. すまい給付金について
  3. 税制改正案における住宅ローン減税の概要
  4. 住宅ローンがチャラになる団体信用生命保険
  5. 全宅住宅ローン「フラット35」とは
相談カテゴリ:
売買・交換
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード