トピックス
自然災害債務整理ガイドラインの新型コロナへの適用

令和2年10月30日、東日本大震災・自然災害被災者債務整理ガイ... more »

令和2年地価調査

9月30日令和2年都道府県地価調査結果が国土交通省から公表さ... more »

重要事項説明時の水害ハザードマップにおける物件所在地の説明義務化

国土交通省は令和2年7月17日に、不動産取引時において水害ハ... more »

路線価5年連続上昇~地価LOOKレポート「下落」観測~補正措置検討

国税庁は7月1日に、2020年分の路線価を公表しました。 全国の... more »

お知らせ
2020年08月07日

夏季休暇のお知らせ

2020年04月24日

GW中の休業日について

2020年04月07日

新型コロナウイルス感染症対策に関して

2019年12月20日

年末年始休業日のお知らせ

2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

RSS購読

初めての東京 ~ お部屋探し

相談カテゴリ: 部屋探し

2.予算を考える

はっきり言って東京の家賃は高いです。

地域にもよりますが、例えば弊社がある池袋地域の場合、一人暮らし向けのワンルームが月6~8万円、ファミリー世帯向けの物件はその倍にもなります。車の駐車場でも月3万円はかかります。地方で一人暮らしをされている方であれば、この高さは驚きでしょう。思わぬ出費となりますので、住みたい街の相場を調べておく必要があります。

最近は、インターネットが普及したこともあって、比較的簡単に物件情報を見ることができます。まずは、こうした情報を基に、理想と現実の溝を埋めることが大切でしょう。

そして、注意しなければならないのは契約にかかる費用。特に初めて賃貸物件をお探しの方であれば、気にはなるものの漠然としたお金であることも事実です。

契約時に必要になる費用

参考までに契約時にお支払いになる費用には、敷金・礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料などがあります。

敷金2ヶ月・礼金2ヶ月の物件であれば、このほか一般的に仲介手数料1ヶ月、前家賃1ヶ月と、火災保険料約2万円程度がかかります。つまり家賃6ヶ月分と火災保険料2万円は最低限必要になるのです。

例えば、賃料7万円の物件であてはめて言えば、7万円×6ヶ月+2万円=44万円となります。

さらには荷物を搬出入するため引越し費用もかかります。総額で50万円程度を見込む必要があります。月々の家賃も気になりますが、まずは初期費用分のお金を用意できないからには契約はできません。

更新日:2010年9月30日

相談カテゴリ:
部屋探し
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード