トピックス
配偶者居住権制度の創設

2018年7月に相続に関する民法が改正され、相続人と共同生活を... more »

令和最初の地価調査

令和元年9月19日令和元年都道府県地価調査結果が国土交通省か... more »

建築基準法の改正

昨年6月27日に建築基準法の一部を改正する法律が公布されまし... more »

平成31年地価公示

3月19日に、国土交通省から2019年1月1日時点での公示地価が公... more »

お知らせ
2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

2019年06月03日

パート・アルバイト募集のお知らせ

2019年05月21日

まち・不動産の 防災・減災・被災後の対応を考えるシンポジウム

2019年05月16日

住家被害認定調査等研修会(公益社団法人栃木県不動産鑑定士協会主催)参加のお知らせ

RSS購読

事故物件について

相談カテゴリ: 事故・天災部屋探し

いくら安いからといっても、過去に殺人事件や自殺があった部屋にだったら、あなたは借りますか??

それを知らされていなくても、不動産を買う時もしくは借りる時、周辺の相場と異なり、異様に安い価額で募集されていると、裏に何かあるのでは?と疑ってしまうのが人間の心理です。

一方、売主はそうした事件のあった部屋を十分に清掃し、以前となんら問題なく施したのだから、事故物件であることは誰にも言わずに処分したいと思っています。

さて、売買契約成立後に事故物件であることを知った場合、それを理由に契約を解除することができるのでしょうか。

過去に実際にあった例

AさんはBさんから中古のマンションを買いました。しかしその直後、6年前にBさんの妻がマンションで首吊り自殺を遂げたことがわかりました。

Aさんはこれを隠れたる瑕疵だとして、契約を解除し、手付金の返還と違約金の支払いを求め、訴えを提起しました。裁判所は、この訴えに対し、Aさんの主張を認める判決を下しました。物理的瑕疵は無いものの、心理的欠陥が瑕疵にあたるとしたのです。

ただ裁判所は、人が亡くなった物件=瑕疵とは言っておらず、住み心地の良さを欠き、居住の用に適さないと判断されたためとしています。

勿論、人はいずれ亡くなるため、病死や自然死の場合には、心理的欠陥とは言い切れないようです。

この売買時、媒介した不動産業者は、事故物件であることを知ったものの、依頼人である売主の意を汲んで守秘しました。これは宅建業法という法律が定めた守秘義務に則った行動でした。

しかしながら、事故物件であることを秘匿し続けることは、瑕疵担保責任を負うことになり、例え、売主の秘密を漏らしたとしても正当化されると判断されたのです。

事故物件の契約解除

以上のことから、事故物件であることを理由に契約の解除はできるようです。

価格や賃料の安さに惹かれ、承知の上で住むことも可能です。物理的に瑕疵がある訳ではありませんので、なんら差し支えはありません。「気味が悪い」と主観的に感じてしまうか、安さにお得感を感じるかの違いなのでしょう。

ただ、注意していただきたいのは安い物件だからといって、勝手に事故物件だと思い込まないこと。怪しいと思ったらまずは不動産屋に訊くことです。

更新日:2013年5月24日

「事故物件について」と関連性の高い記事

  1. 耐震基準と重要事項説明について
  2. 敷金礼金ゼロ物件の注意点
  3. 大地震に備えて
  4. 不動産の賃貸借について
  5. モデルルームで選ぶマンション購入
相談カテゴリ:
事故・天災部屋探し
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード