トピックス
空き家対策に関する実態調査について

平成31年1月22日(火)に総務省より空家対策に関する実態調査... more »

平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

お知らせ
2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

2019年06月26日

弊社代表が国土交通大臣より表彰されました

2019年06月03日

パート・アルバイト募集のお知らせ

2019年05月21日

まち・不動産の 防災・減災・被災後の対応を考えるシンポジウム

2019年05月16日

住家被害認定調査等研修会(公益社団法人栃木県不動産鑑定士協会主催)参加のお知らせ

RSS購読

相続時精算課税制度を使った節税

相談カテゴリ: 法律・規制税金

賃貸不動産を贈与するときは、ここに注意!

なお、賃貸不動産の贈与に当たっては、借り主に敷金や保証金を返還する必要がある場合、負担付贈与とならないように気をつけてください。

敷金や保証金の返還債務等の負担が伴った贈与を負担付贈与と言いますが、この場合、不動産の評価は相続税路線価や固定資産税評価額ではなく、時価で評価するとされています。建物は建築費並みに評価され、節税効果が減退してしまいます。

負担付贈与とされないためには、敷金相当額の現金の贈与を同時に行うことで、敷金返還債務は引き継がないものとしなければなりません。

また、不動産の贈与に当たっては、節税効果ばかりでなく、不動産取得税や登録免許税等のコストも、あわせて検討する必要があります。

記事の続き:« 前へ 1 2 3

更新日:2010年9月30日

「相続時精算課税制度を使った節税」と関連性の高い記事

  1. 広大地の評価方法改正(案)について
  2. 同族間取引・同族法人間取引
  3. 共有地について
  4. 売買契約締結後に相続が発生した場合、税金はどうなる?
  5. 遺産分割と不動産
相談カテゴリ:
法律・規制税金
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード