トピックス
首都圏中古マンション・戸建住宅価格動向

株式会社東京カンテイより発表された 首都圏中古マンション及... more »

今後のマンション政策のあり方に関する検討会

令和5年8月10日、国土交通省からの「今後のマンション政策の... more »

2023年上半期の首都圏新築分譲マンション市場動向

不動産経済研究所より発表された、2023年上半期の首都圏新築... more »

令和5年相続税路線価

7月3日、国税庁から令和5年の相続税路線価が発表されました。... more »

お知らせ
2023年12月28日

年末年始休業日のお知らせ

2023年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年12月21日

年末年始休業日のお知らせ

2022年08月10日

夏季休暇のお知らせ

2022年04月28日

GW期間の休業について

RSS購読

大地震に備えて

相談カテゴリ: 事故・天災

日本は世界で有数の地震大国です。

日本列島の下にはいくつものプレートが走っており、そのプレートがずれることから、いつどこで大地震が起きてもおかしくはありません。

平成16年に政府の地震調査委員会から、南関東で30年以内にマグニチュード7程度の大地震が発生する確率は70%と発表がありました。

また、マグニチュード7.3、風速6m/秒の場合には、都内建物約270万棟のうち、約12.7万棟が全壊、約34.6万棟が半壊すると予測されています。

平成7年に発生した阪神・淡路大震災では、地震による直接的な原因での死者数約5,500人のうち、約9割が木造住宅の倒壊等による圧死であったとされています。

古い耐震設計で造られている昭和56年以前の木造住宅や、維持管理の悪い木造住宅は、大地震時によって大きな被害を受ける可能性があります。

大地震時に、自分自身や家族の命を守るためには、地震に対して自分の家が安全かどうかを診断し、診断結果によっては耐震改修をする必要があります。

耐震診断とは

自分の家の耐震性能を知りたいとき、家の耐震性をチェックするものとして耐震診断があります。

耐震診断の手法は、平成18年国土交通省告示第184号に示された、耐震診断の指針と同等と位置づけられた「木造住宅の耐震診断と補強方法」によるものが、現在一番幅広く利用されている方法です。

耐震診断の種類は主に、耐震補強の必要性の有無を検証する「一般診断」と、補強の要否の最終判断及び、補強後の耐震判定を主目的とする「精密診断」があります。

一般に耐震診断は次の項目等をチェックし、建物の耐震性能を判定していきます。

  • 建築年代
  • 地盤の状況(軟弱かどうか)・基礎形状
  • 建物の形
  • 壁の配置状況(バランスよい配置かどうか)
  • 屋根の重量
  • 筋交い等の地震に強く絶える壁の有無
  • 壁の割合
  • 建物の痛み具合(土台、柱及びはり等の腐食、基礎のひび割れ等)

実際に耐震診断を行うにはどうしたらよいのか。

建築士等専門家に委ねるのが適切と言えます。建物の設計図の有無や建物の形状、築年数等により異なりますが、概ね図面があれば6~12万円程度、図面がなければ8~15万円程度の費用がかかります。

ただし、まずは自分でも簡単な耐震診断をすることができます。

更新日:2010年9月30日

相談カテゴリ:
事故・天災
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード