トピックス
平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

災害に関する税制上の措置(譲渡所得関係)

1.収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例等に関... more »

お知らせ
2017年08月25日

第四回府中市事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年08月07日

夏季休業のお知らせ

2017年07月04日

第11回復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

2017年06月29日

西東京市との協定書調印式

2017年06月02日

理事兼委員長就任と福島研修会講師

RSS購読

中古住宅を売買する為のポイント

相談カテゴリ: 不動産投資不動産鑑定士売買・交換

3.建物について

A 雨漏りについてのチェックポイント

  ・これまで雨漏りを確認していない
  ・これまでに雨漏りがあった
    ・雨漏りがあった個所はどこですか?
     ・修理済みですか?
     ・修理済みの場合、いつ頃修理しましたか?
  ・現在、雨漏りがある
    ・雨漏りがある個所はどこですか?

B シロアリについてのチェックポイント

  ・これまでシロアリの被害を確認していない
    ・シロアリの予防工事をおこなっていますか?
     ・いつ頃おこないましたか?
    ・シロアリの予防工事はおこなっていない
  ・これまでにシロアリの被害があった
    ・どこにシロアリ被害がありましたか?
     ・駆除済みですか?
      ・いつ頃駆除しましたか?
     ・駆除はしていない。
  ・現在、シロアリの被害がある
    ・どこにシロアリ被害がありますか?

C 木部・鉄部等の腐食についてのチェックポイント

  ・腐食を確認していない
  ・これまでに腐食が発生した
    ・どこに腐食が発生しましたか?
    ・修繕済みですか?
      ・いつ頃修繕しましたか?
    ・修繕はしていない。
  ・現在、腐食がある
    ・どこに腐食が発生していますか?

D 躯体の傾き、沈みについてのチェックポイント

  ・傾き、沈みを確認していない
  ・これまでに傾き、沈みがあった
    ・どこに傾き、沈みがありましたか?
    ・修繕済みですか?
      ・いつ頃修繕しましたか?
    ・修繕はしていない。
  ・現在、傾き、沈みがある
    ・どこに傾き、沈みがありますか?

E 建具の不具合についてのチェックポイント

  ・建具の不具合は確認していない
  ・これまでに建具の不具合があった
    ・どこに不具合がありましたか?
    ・修繕済みですか?
      ・いつ頃修繕しましたか?
    ・修繕はしていない。
  ・現在、建具の不具合がある
    ・どこに不具合がありますか?

F 基礎のひび割れ、欠損についてのチェックポイント

  ・ひび割れ、欠損を確認していない
  ・これまでにひび割れ、欠損が生じた
    ・どこにひび割れ、欠損がありましたか?
    ・修繕済みですか?
      ・いつ頃修繕しましたか?
    ・修繕はしていない。
  ・現在、ひび割れ、欠損がある
    ・どこにひび割れ、欠損がありますか?

G 給排水設備からの漏水、赤水についてのチェックポイント

  ・給排水設備からの漏水、赤水はない
  ・これまでに給排水設備からの漏水、赤水があったことがある
    ・どこから漏水、赤水がありましたか?
    ・修繕済みですか?
      ・いつ頃修繕しましたか?
    ・修繕はしていない。
  ・現在、漏水、赤水がある
    ・どこから漏水、赤水がありますか?

H その他

  ・その他気になっている部分はありますか?
    ・気になっている部分がある
     ・どんな状況ですか?
    ・気になっている部分はない

この他、売主である所有者は、新築時の生産履歴や、(工事請負契約書、建築確認済証、建築設計図書、竣工図面等)、修繕履歴(増改築・修繕等の契約書や工事記録等)を適切に買主に引き継ぎましょう。

生産履歴や修繕履歴が無く、売主や買主には理解や判断が難しい建物や設備等の状態を、建築専門家等を活用して住宅検査を行うことも有効です。

そして、売買契約を行うことになれば、契約を締結する前に宅地建物取引主任者から書面によって重要事項説明を受けることとなります。しっかり内容を確認し、不明点は全てクリアしましょう。

重要事項説明書の内容については、買主だけでなく、売主も事実と相違ないか確認しましょう。

中古住宅チェックシート(PDF)

記事の続き:« 前へ 1 2 3

更新日:2010年9月30日

「中古住宅を売買する為のポイント」と関連性の高い記事

  1. 不動産の賃貸借について
  2. 借地権に関する売買
  3. 低額譲渡に関する不動産コンサルティング
  4. 同族間取引・同族法人間取引
  5. 不動産の証券化を活用
相談カテゴリ:
不動産投資不動産鑑定士売買・交換
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード