トピックス
タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

平成29年地価調査について

平成29年9月20日、平成29年の都道府県地価調査の価格... more »

広大地の評価方法改正(案)について

広大地とは 面積が1,000㎡以上(三大都市圏では500㎡)の宅地... more »

共有地について

・共有地とは 二人以上の所有者によって所有される土地の事で... more »

お知らせ
2017年12月08日

東京都行政書士会と東京都不動産鑑定士協会の友好協定調印式

2017年10月24日

中国不動産鑑定士協会連合会研修会のお知らせ

2017年10月16日

第28回豊島区と共催・10士業+公証人合同事業と暮らしの無料相談会のお知らせ

2017年10月13日

固定資産評価研究大会登壇のお知らせ

2017年10月12日

インタビュー記事掲載のお知らせ

RSS購読

平成25年地価調査

相談カテゴリ: トピックス地価関連

<平成25年地価調査について>

平成25年9月19日、平成25年度の都道府県地価調査の価格が発表されました。
・概況はこちら→ http://tochi.mlit.go.jp/chika/chousa/2013/index.html

<全国>
平成24年7月以降の1年間の地価は、全国的に依然として下落となりましが、前年度から下落率の縮小が継続しています。
・全国の平均変動率は、
住宅地で△1.8%(前年△2.5%)、商業地で△2.1%(前年△3.1%)でした。
前年度から下落率の縮小傾向が継続され、上昇・横ばいの地点も全国的に増加傾向しています。
・圏域別にみると、
三大都市圏平均では、住宅地は約3分の1、商業地は約2分の1の地点が上昇しました。
一方、地方圏では9割弱で下落しました。

地価公示(1月1日時点の調査)との共通地点で半年毎の地価動向をみると、三大都市圏では後半に上昇に転換し、地方圏では後半に下落率が縮小しました。
・低金利、住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支えや景況感の改善による住宅需要拡大等もあって下落率は縮小し、三大都市圏を中心に上昇となった都県が見られました。
・低金利、景況感の改善を背景に全都道府県で下落率が縮小した。また、堅調な住宅需要を背景に商業地をマンション用地として利用する動きが全国的に見られ、上昇又は下落率縮小となった要因の一つとなっていると思われます。

下図は、東京23区の住宅地と商業地について、各区ごとの平均変動率を示した表です。

東京23区の住宅地を見ると、区部全域の平均変動率は0.5%となり、前年の-0.5%から上昇しました。下落となったのは葛飾区のみで、変動率は-0.1%(前年-0.6%)でした。
上昇率が最も高かったのは、千代田区の3.1%(前年-0.2%)で、港区の2.7%、中央区の2.3%がこれに続きます。
地区別の上昇率は、中心区(1.9%)、内周区(0.7%)、外周区(0.3%)の順に高くなっています。

東京23区の商業地を見ると、区部全域の平均変動率は、0.8%となり、前年の-0.8%から上昇しました。下落した区はなく、板橋区は変動率0.0%(前年-0.7%)でした。
上昇率が最も高かったのは、1.6%の港区で、1.5%の豊島区、1.4%の文京区及び目黒区がこれに続いています。

更新日:2013年10月8日

「平成25年地価調査」と関連性の高い記事

  1. 平成24年地価公示について
  2. 平成22年地価公示について
  3. 平成18年地価公示について
  4. 平成20年地価公示について
  5. 平成21年地価公示について
相談カテゴリ:
トピックス地価関連
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード