トピックス
平成30年地価公示

3月28日に、国土交通省から2018年1月1日時点での公... more »

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇

南海トラフ地震30年以内の発生率上昇 2018年2月9日に政府の「... more »

生産緑地法等の改正について

1.生産緑地とは 都市における良好な生活環境の保全や都市災... more »

タワーマンションを活用した相続税対策の注意点

タワーマンションの固定資産税については、平成29年度の税制... more »

お知らせ
2018年07月13日

4回目の大阪北部地震派遣・平成30年7月豪雨被災地派遣のお知らせ

2018年07月02日

第3回目の大阪北部地震被災地派遣について

2018年06月29日

佐藤先生登壇のお知らせ(豊島区「被災者生活再建のみちすじ」)

2018年06月29日

大阪北部地震被災地への第2回派遣について

2018年06月29日

佐藤先生登壇のお知らせ(公益社団法人北海道不動産鑑定士協会主催研修会)

RSS購読

平成19年地価公示について

相談カテゴリ: トピックス地価関連

3月22日に国土交通省が1月1日時点の公示地価を発表しました。
概況はこちら→ http://tochi.mlit.go.jp/chika/……index.html

平成19年地価公示に基づく動向

全国的な流れと、当社(有)つかさ不動産鑑定事務所の所在する豊島区の近年の動きについて、まとめてみました。

三大都市圏

一部に地価の上昇傾向。利便性・収益性の高い限られた一部地域における、高い上昇が地域全体の平均を押し上げ。

地方圏

上昇地点が現れ、又は増加している地域もあったが、その他の地域においては、おおむね下落幅は縮小しているものの依然として下落が続く。

豊島区の地価の動き

下図は2000年から8年間にわたる豊島区の公示地の平均価格を示したものです。これを見ますと、住宅地・商業地とも2007年の上昇が顕著であることがわりかます。住宅地、商業地の地価平均はそれぞれ前年比12.9%、21.7%の上昇となりました。

豊島区住宅地の地価

さらに細かく見ていきますと、住宅地では21地点で前年比10%以上の上昇を示しています。住宅地の最高価格地点(目白四丁目)では、2004年以降546千円、546千円、555千円と推移してきましたが、2007年には前年から15.0%上昇して638千円となり、2000年の地価水準にまで回復しました。

豊島区商業地の地価

また、商業地では36地点の全てで前年比10%以上の上昇となっています。商業地の最高価格地点(東池袋一丁目)では、2004年以降5,250千円、5,350千円、5,530千円と推移してきましたが、2007年には7,500千円と前年から35.6%も上昇しており、1999年の地価水準を上回るまでに回復しています。

豊島区・新築マンションの販売単価

次図は、新築マンションの販売単価を追ったものです。

販売単価を見ると、40~80㎡クラスのファミリータイプのマンションと、80㎡以上の高級タイプのマンションで下落が生じています。都心回帰と景気回復により、豊島区でも一時期に比べ分譲マンションの供給戸数が増加しています。

しかし、直近の半期での供給戸数は200戸にも達しません。23区内を見渡すと、「世田谷区」「港区」「練馬区」「板橋区」「江東区」「荒川区」「江戸川区」「品川区」の8区では500戸以上も供給されています。これらの区では、グレードの高い大規模マンションが建設されているのに対して、豊島区には、それらに匹敵するほどの広さの土地がありません。

この競争の過程で、単価の引き下げを余儀なくされたものと推測されます。

豊島区・新築マンションの賃料

また、新築マンションの賃料を見ますと、これは通勤等における利便性が優先されることから、山手線沿線という立地を反映して高止まりしていることがわかります。

更新日:2010年9月9日

「平成19年地価公示について」と関連性の高い記事

  1. 平成25年地価公示について
  2. 平成23年地価公示について
  3. 平成18年地価公示について
  4. 平成20年地価公示について
  5. 平成21年地価公示について
相談カテゴリ:
トピックス地価関連
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード