トピックス
2021年度 首都圏新築分譲マンション市場動向

4月18日に㈱不動産経済研究所から2021年度(21年4月~22年3月... more »

第25回不動産市況DI調査

5月6日に公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会より、202... more »

2021年度 定期借家物件の募集家賃動向

不動産情報サービスのアットホーム(株)は25日、2021年度の... more »

令和4年第1四半期地価LOOKレポート

国土交通省から令和4年第1四半期(令和4年1月1日~4月1日)の地... more »

お知らせ
2022年04月28日

GW期間の休業について

2021年12月28日

年末年始休業のお知らせ

2021年08月06日

夏季休暇のお知らせ

2021年04月28日

GW中(4/29~5/5)の対応について

2020年12月25日

年末年始休業日のお知らせ

RSS購読

平成18年地価公示について

相談カテゴリ: トピックス地価関連

3月23日に国土交通省が1月1日時点の公示地価を発表しました。
概況はこちら→ http://tochi.mlit.go.jp/chika/……index.html

平成18年地価公示に基づく動向

全国的な流れと、当社(有)つかさ不動産鑑定事務所の所在する豊島区の近年の動きについて、まとめてみました。

三大都市圏

中心都市の都心部においては上昇又は横ばい。利便性・収益性の高さを反映した動きが見られる。

地方圏

全国平均で地価は引き続き下落しているものの、住宅地、商業地とも下落幅は縮小。大都市の都心部を中心に見られる持ち直しの動きが、一部の地方中心都市にも見られ始めている。

豊島区の地価の動き

下図は2000年から7年間にわたる豊島区の公示地の平均価格を示したものです。

これを見ますと、住宅地・商業地とも2004年からほぼ水平に推移している様子がうかがえます。

さらに細かく見ていきますと、住宅地の最高価格地点(目白四丁目)では、 2004年・2005年には546千円と横ばいでしたが、2006年には555千円と上向いています。また、商業地の最高価格地点(東池袋一丁目)は、2004年から5,250千円、5,350千円、5,530千円と継続して上昇しています。

このように僅かながら上昇に転じる動きは、各地の中心都市で見られる傾向と同じです。

更新日:2010年9月9日

相談カテゴリ:
トピックス地価関連
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード