トピックス
自然災害債務整理ガイドラインの新型コロナへの適用

令和2年10月30日、東日本大震災・自然災害被災者債務整理ガイ... more »

令和2年地価調査

9月30日令和2年都道府県地価調査結果が国土交通省から公表さ... more »

重要事項説明時の水害ハザードマップにおける物件所在地の説明義務化

国土交通省は令和2年7月17日に、不動産取引時において水害ハ... more »

路線価5年連続上昇~地価LOOKレポート「下落」観測~補正措置検討

国税庁は7月1日に、2020年分の路線価を公表しました。 全国の... more »

お知らせ
2020年08月07日

夏季休暇のお知らせ

2020年04月24日

GW中の休業日について

2020年04月07日

新型コロナウイルス感染症対策に関して

2019年12月20日

年末年始休業日のお知らせ

2019年08月09日

夏季休暇のお知らせ

RSS購読

池袋 再開発 続々

相談カテゴリ: トピックス豊島区

最近、池袋では大型の再開発が色々と目白押しに計画されているのですが、今回はいくつか簡単に紹介していきます。

まず、豊島区の庁舎が移転した後の旧庁舎と公会堂の跡地において、地上30階の高さ146mの高層ビルの建設が予定されてます。大規模オフィスに加え、池袋の新たな文化とにぎわいを創出する、多様なアート・カルチャーを発信する8つの劇場が設置される計画となっています。
詳細については以前の記事を参照下さい→豊島区旧庁舎跡地の再開発

次に、駅を挟んで池袋駅西口では、「池袋駅西口地区まちづくり協議会」による大規模な再開発が検討されています。
平成25年9月に基本構想案が示され、平成27年1月に東武百貨店が計画に加わったことで、エリアが拡大し、平成27年6月に3棟の高層ビルを軸とした新たな基本構想が練られています(下記図参照)。


事業が完了したあかつきには、駅前の回遊性の向上とともに計画範囲周辺部を含んだ池袋駅西口地域全体の商業性の大幅な上昇が期待されます。

南池袋1丁目では、西武鉄道池袋ビルの建替え計画が進行しています。
西武池袋駅に隣接する一帯に、西武池袋線をまたぐ形で地上20階地下2階建てのオフィスビルが建築される予定で、低層階には商業施設が入り、上層階はオフィスフロア、延床面積約49,600㎡、2019年3月の完成予定となっています。

その他、平成27年3月に閉館した「スポルト池袋」跡地では、「東池袋一丁目新シネマコンプレックスプロジェクト(仮称)」が計画されており、2017年の開業を予定しています。首都圏最大級のシネマコンプレックスで、4階から15階部分に計12スクリーン、2,600席を設置される予定となっているようです。

東池袋4丁目の造幣局跡地では、約3.2haの敷地に防災公園を併設した再開発が検討されています。

平成27年7月、池袋駅周辺地域が都市再生特別措置法に基づく「特定都市再生緊急整備地域」に指定されました。
「都市再生特別地区」の指定を受けることで、通常の都市計画法や建築基準法の規制に比べて、容積率の緩和等、高度利用が可能となり、事業性の大幅に向上することから更なる開発の促進が期待されます。

更新日:2015年12月12日

相談カテゴリ:
トピックス豊島区
相談キーワード:

その他、不動産に関する事なら何でもご相談下さい!

ご相談・お見積もり・来店のご予約など 03-5960-0845 E-メールでのお問い合わせはこちら

有限会社つかさ不動産鑑定事務所

〒171-0014
豊島区池袋4-24-3 武川ビル1階
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日、祭日、隔週土曜日
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士 佐藤麗司朗

個人や企業を対象に、不動産の有効活用、開発計画の策定などの総合的なアドバイスを行っています。
不動産鑑定士とは »

業務実績を見る

相談カテゴリ
相談キーワード